gunpla_tomoart

イラストレーター・tomoartがヒマな時間に作るプラモデルを紹介するブログ。

メカコレ ウルトラシリーズ出てます。


第一弾のビートルとホーク1号出てました。組み立てはいつ出来るやら…第二弾特殊潜航艇S号が来月、三弾の三角ビートルが再来月だったかな?
私的にはやっぱ、マグマライザーとポインター、それからマットアロー2号とマットジャイロが欲しい。しかしこの金額とサイズなら、まさかのラビットパンダとかも欲しいかも笑。
妄想が許されるなら、ミラーマンのジャンボフェニックスやマイティジャックの各メカまでやって欲しいが…あっても何十年後か(ウルトラじゃねーし笑)。




スポンサーサイト
  1. 2016/01/30(土) 16:47:23|
  2. SFメカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめてハセガワのバルキリーを買いまして。

このブログではほとんど触れていないと思いますが、ロボットアニメ好きのtomoartはもちろん「超時空要塞マクロス」もそれなりに見ています。
ただ基本OVAを見ていないワタシは、シリーズとしては見てない作品もとても多いです。
てか、それでなくてもちょっと前にテレビでやってた「マクロスフロンティア」も、途中まででつまらなくなって見るのやめちゃったしなぁ(汗)。

ただ、やっぱりシリーズ最初の作品はしっかり見ていたので、それなりに思い入れをもっています。
テレビシリーズは当時の作品らしく作画はヒドいところも多かったけど、板野一郎(板野サーカスの)氏の描いたオープニングのバルキリーは衝撃的で、同じくらい衝撃的な三角関係のドラマ(笑)と共に忘れられない作品でありました。

当時はガンプラブームの後でもあり、プラモデルもたくさん出ていてそれなりに買っていました。
ただ既に積んどくモデラーでしたけど(笑)。

その後、結局ガンプラに注力する感じになって「マクロス」のプラモにはほとんど興味を失っていたのですが、近年、例のバンダイの完全変形バルキリーが出るってことになってちょっと興味を持ち直しました。

でもそのプラモのデキが評判悪くて(笑)どうせ積んどくだけだしなぁ、と買うのを諦めたんです。
ところがそこからプラモのバルキリーに、何となくモヤモヤし続けまして、最終的に今回、初めてハセガワのバルキリープラモを買うに至った次第。



まぁ、積んどくだけになってしまうかもしれませんが(笑)これでマトモなバトロイドバルキリーのプラモをキープです。



ランナー一覧。
劇場版の(当時としては)スーパーな作画もいいですが、ワタシとしてはどちらかと言うとテレビシリーズの方が印象深いので、VF-1Jバージョンで作りたいところ。
このベーシックなバトロイドプラモは頭部がS/A/Jなど主要な頭部のバージョンが入っていますのでピッタリ。

ちなみにスーパーバルキリーもあんまり好きじゃないので、このノーマルなバルキリーさえあればワタシの「マクロス」プラモは十分満足です。







 
  1. 2015/03/16(月) 01:35:53|
  2. SFメカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 No.01 宇宙戦艦ヤマト

mechacolle_yamato03.jpg

メカコレヤマト2199、素組みしてみました。
mechacolle_yamato06.jpg

前のメカコレも力が入っていて細かかったけど、今回のは前のエントリーでも紹介した通り、パーツ分割も含め前のもの以上に細かいです。
mechacolle_yamato10.jpg

今回のメカコレはガンプラ同様にスナップフィットという事で、小サイズの中にそれ用のピンが密集してる感じです。ワタシも最初はガンプラの仮組みと同じようにピンを少し切り飛ばして・・・と思ったのですが、余りにも細かいしパズルのような感じなので途中で挫折しました(笑)。
mechacolle_yamato12.jpg

これなら少しいじるつもりだったら複数買って、一つ目を仮組み気分で素組みしながらあれこれ構想を練って、二つ目を作る時に手を入れて行く、という考え方の方がいいと思います。

この価格でこのサイズ(全長13cm弱)、しかもこのデキの良さだと、変に改造してもショボくなるだけだと思いますが(笑)小サイズのスナップフィットという事での限界が見えるところを手直ししてやると良くなりそうです。

mechacolle_yamato08.jpg

まずとにかく目立つのは、艦首両舷のラインがつながってないところ。上の写真の波動砲口に向かう、上の部分の筋彫りがないことが分かると思います。これはパーツ分割で波動砲口のディテールを優先させたせいですね。確かに昔のメカコレヤマトは波動砲部分が一番の問題でしたし、そこを改造して修正するのはシロウトにはちょっと難しかったのは確か。ここの筋彫りを彫るくらいならワタシでもできそうですし、ちょうどいい改修ポイントかもしれません。

mechacolle_yamato07.jpg

二つ目は、場所的には同じ部分ですが、上から見るとプラの厚みが見えちゃうんですよね。これまた小スケールでは致し方ないところですが、ここも薄くしてあげるとかなり見栄えが良くなりそうです。甲板から上に出っ張っている部分全体を薄くしようとするとかなり大変な修正になってしまうと思うので、(ワタシみたいな)ズボラなシロウトの方は、断面の厚みが目立つ上の方に向かって薄くして行くだけでもいいんじゃないかと思います。

mechacolle_yamato11.jpg

最後に、艦首のほうもそうですが、この艦橋周りは複雑怪奇なパーツ分割も相まって、擦り合わせをしっかりしないと隙間が目立ちます(笑)。これでも一応パーツの切り離しなどはキレイにやったんですけどね・・・・。ちゃんと作ろうと思ったら、やっぱりスナップフィットのダボは全て切り飛ばして、パーツ同士をよく擦り合わせしてから接着した方がキレイに出来ると思います。ただ接着剤がはみ出した時の処理は半端なく面倒だと思いますが(笑)。

mechacolle_yamato09.jpg

まぁ小さくてノンスケールとは言え、デキはいいし安いしという事で、複数買ってチマチマ改造して塗装するといいんじゃないでしょうか。ワタシは写真のコイツにまずはスミイレしてみたいです(笑)。





テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/12(月) 12:59:01|
  2. SFメカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199」発売中!

yamato1.jpg
以前「今気になるあんなプラモこんなプラモ。」というエントリーの中で「宇宙戦艦ヤマト2199」の事もちょっと書きました。そこで『大量に発売された2199版プラモは買ってない』と書いたのですが、それ以降も特に買ってませんでした。なので、ワタシ的にはこの復活した『メカコレ』を買ったのが“初2199プラモ”という事になります(笑)。

何で買ったかって言えば、もちろん小さくて安いからです(笑)。それでも買うかどうか悩んだんですがwまぁこのサイズ、この価格なら、ムダにしても諦めがつくだろうと。

そしてもう一つ、数年前に再販された、オリジナルの『ヤマト・メカコレ』を3種類だけですが買って持っていた、という事も関係してますね。

yamato2.jpg
その時買ったのは「No.1宇宙戦艦ヤマト」「No.3主力戦艦」「No.4アンドロメダ」の三つ。ちなみにNo.2は艦載機の「コスモタイガーII」。自分的には並べて違和感あり過ぎなので欲しいと思わなかった(笑)。

ラインナップからも分かりますが、この当時のメカコレは「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」公開の頃のものですね。そこからNo.30まで、作品としては「ヤマトIII」までを網羅した人気シリーズでした。残念だったのはオリジナルシリーズ(いわゆる「パート1」)の艦載機、ブラックタイガーが出なかった事だったなぁ。

yamato3.jpg
話が脱線しましたが(笑)、ヤマト同士のパッケージ比較写真。箱のサイズが全く一緒なのは、やっぱ“コレクション”という意味では『バンダイわかってんなぁ!』という感じ。絵柄自体はCGな2199版より昔のセル画な感じの方が自分にはグッと来ますな(笑)。

とは言え、新旧共にその時代らしいとは言えます。小さいパッケージだからこそドンと機体がアップで載っているのが非常に正しいですね。

yamato4.jpg
2199版ヤマトのランナー。計5枚です。2色成形になっており、塗装なしでも劇中のイメージ通りになるように出来てます。この辺りはさすがの配慮です。

yamato5.jpg
参考に、オリジナル版ヤマトのランナー。この当時はさすがに単色成形でした。新発売時は100円(当時価格)という事もあって、ワタシも壊れてしまうと何度も買って作りました。このヤマトは吃水線より下の赤い部分を油性マジックの赤で塗ると、地のグレーが透けて見えて色味がちょうどいい感じだったのを思い出します。

という事で、まだ組んでません(笑)。そのうち気が向いたら作りたいと思います・・・・(汗)。“ゆきかぜ”についても含め、また近々。




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/05(月) 01:43:30|
  2. SFメカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

結局発売になったテレビ版アルカディア号(汗)

アルカディア号箱
あのAmazonのメールは何だったのやら・・・・。まぁ、良い方に再修正されたので、文句は言うまいて( ;´Д`)

もしかして、Amazonの受注数に対して、ハセガワの納品数が少なかった(生産が追いついてない)のかな?次回(セカンドロット)のハセガワからAmazonへの納品予定が5月とか?それで予約時期によって届けられる時期に違いが生まれたのかもしれませんね。

取りあえずAmazonの段ボールから本体を取り出します。同シリーズのクジラ型アルカディア号キットの箱はプラモ屋でチェック済だったので分かってはいたものの、家で見ると思った以上に箱がデカい(笑)

ボックスアートはクジラ型同様、スタジオぬえの加藤直之氏。昔は大ファンでしたが、最近はあんまり・・・・(笑)。やっぱりデジタル化の悪いところが出ちゃってるんですかね。アナログ時代はもっとこってりした感じだったと思うんですが。
ちなみにアルカディア号デザインのフィニッシュワークはスタジオぬえが行ってますので、多分その縁から加藤氏に発注が行ったんじゃないですかね。
(但しぬえのデザイン担当は宮武一貴氏。宮武氏デザイン、加藤氏イラストは「宇宙の戦士」のパワードスーツと同様、他にも多々事例あり。)

その箱を開けますと、いい感じにパーツが入っております。
アルカディア号中身
最近やたらにパーツが多いガンプラばっかり見てるからか、箱の割にはあっさりしたパーツ構成に見えますが、これぐらいが当たり前か(笑)。お陰で作りやすそうに見えますw

ランナーを全部並べてみました。
アルカディア号ランナー
コスモウイングが2パーツ構成で2つ付属。割としっかりした台座も付きます。まぁあっさりしすぎててちょっと手を入れてやりたい感じですけど(笑)。一体でいいからドクロマークくらいレリーフされてると見栄えが違うと思うんだけどなぁ。

まぁ、またのんびりと制作していく事になると思います(笑)。進んだらまた報告します。




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/02/22(土) 19:44:47|
  2. SFメカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ