gunpla_tomoart

イラストレーター・tomoartがヒマな時間に作るプラモデルを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結局発売になったテレビ版アルカディア号(汗)

アルカディア号箱
あのAmazonのメールは何だったのやら・・・・。まぁ、良い方に再修正されたので、文句は言うまいて( ;´Д`)

もしかして、Amazonの受注数に対して、ハセガワの納品数が少なかった(生産が追いついてない)のかな?次回(セカンドロット)のハセガワからAmazonへの納品予定が5月とか?それで予約時期によって届けられる時期に違いが生まれたのかもしれませんね。

取りあえずAmazonの段ボールから本体を取り出します。同シリーズのクジラ型アルカディア号キットの箱はプラモ屋でチェック済だったので分かってはいたものの、家で見ると思った以上に箱がデカい(笑)

ボックスアートはクジラ型同様、スタジオぬえの加藤直之氏。昔は大ファンでしたが、最近はあんまり・・・・(笑)。やっぱりデジタル化の悪いところが出ちゃってるんですかね。アナログ時代はもっとこってりした感じだったと思うんですが。
ちなみにアルカディア号デザインのフィニッシュワークはスタジオぬえが行ってますので、多分その縁から加藤氏に発注が行ったんじゃないですかね。
(但しぬえのデザイン担当は宮武一貴氏。宮武氏デザイン、加藤氏イラストは「宇宙の戦士」のパワードスーツと同様、他にも多々事例あり。)

その箱を開けますと、いい感じにパーツが入っております。
アルカディア号中身
最近やたらにパーツが多いガンプラばっかり見てるからか、箱の割にはあっさりしたパーツ構成に見えますが、これぐらいが当たり前か(笑)。お陰で作りやすそうに見えますw

ランナーを全部並べてみました。
アルカディア号ランナー
コスモウイングが2パーツ構成で2つ付属。割としっかりした台座も付きます。まぁあっさりしすぎててちょっと手を入れてやりたい感じですけど(笑)。一体でいいからドクロマークくらいレリーフされてると見栄えが違うと思うんだけどなぁ。

まぁ、またのんびりと制作していく事になると思います(笑)。進んだらまた報告します。




スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/02/22(土) 19:44:47|
  2. SFメカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。