gunpla_tomoart

イラストレーター・tomoartがヒマな時間に作るプラモデルを紹介するブログ。

1/35ラビドリードッグ @ wave 組み立ててみた。

ラビドリードッグ完成前

折角買ったから、積んどくだけにならないうちに仮組してみた。出来上がるとやっぱウレシイな、これはこれで(笑)。劇中のイメージや設定画をうまく形にしている感じ。

スコープドッグと違ってヒーロー的イメージもある機体だからってのもあるけど、全体的にカッコいいw 一体だけでも満足出来るかも(爆)。写真だと安っぽく見えるけど、実物はブルーももう少し落ち着いた色で、意外といい色です。

ラビドリードッグ完成後ろ

仮組時に注意したいのは、ワタシがガンプラに慣れ過ぎてるってのもあるけど(笑)スナップフィットのダボの切り飛ばしに気を使った方が良いところがある。特に上腕とつま先のパーツが、切り過ぎると接続出来なくなるので注意。まぁ接着しちゃえば問題ないところだけど。

それからキットに使われているプラが、バンダイに比べて柔らかめな感じがする。なのでランナーから切り取った後のキワの処理を気を使わないと、抉ってしまい易い。

もう一つ、このサイズにしてはゴツいポリキャップだが(笑)全体的にキツめのセットアップになっているので、組み立てる時の差し込み順などを説明書通りではなく、考えた方がいいところがある。具体的には肩のボールジョイント部分は腕に挿してから胴体にボールジョイントを差し込んだ方がいい。足首の接続パーツも、スネに挿してから足首のボールジョイントに差し込んだ方が組み易いと思う。

ラビドリードッグ完成アップ

スタンダード版という位置付けのせいで残念なところがいくつかある。一番はクリアパーツになるべきところがなっていない。この写真だと胴体横に付いているライト部分(ブルーパーツの前面にある丸いパーツ)と、もちろんなメインカメラ(入れたら外せなそうなので、写真でははめ込んでいない)。
ライト部分はシルバー塗装すればまぁいいけど、メインカメラはちょっと厳しいかなぁ・・・・。真四角だから、透明プラ板でも切り出せばいいか。Hアイズとかを加工した方がそれっぽいかな?

ラビドリードッグ完成ハッチオープン

もう一つ、スタンダード版としての辛いところは、ハッチは開くのにコクピットが全く造形されていない事。フィギュアが付いてないのはいいとしても、コクピット内が空だとせっかくの1/35なのに他のキットと組み合わせて遊ぶ時にやれる事が限定されてしまう・・・。
タカラのキットから流用するか、MMシリーズなどから取ってくるという手もあるか。シートだけなら簡易なものをプラ板工作でも行けそうな気がするが、レバーなんかがなぁ。

ラビドリードッグ完成比較箱

それにしても箱の印象と完成体のサイズ感が合わないと思うが・・・タカラ時代の1/24より箱がデカいんじゃないかなー(笑)。こんなところまで最近のMGとかを参考にしなくてもいいのになー。




スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/28(金) 01:36:18|
  2. ボトムズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ