gunpla_tomoart

イラストレーター・tomoartがヒマな時間に作るプラモデルを紹介するブログ。

メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 No.01 宇宙戦艦ヤマト

mechacolle_yamato03.jpg

メカコレヤマト2199、素組みしてみました。
mechacolle_yamato06.jpg

前のメカコレも力が入っていて細かかったけど、今回のは前のエントリーでも紹介した通り、パーツ分割も含め前のもの以上に細かいです。
mechacolle_yamato10.jpg

今回のメカコレはガンプラ同様にスナップフィットという事で、小サイズの中にそれ用のピンが密集してる感じです。ワタシも最初はガンプラの仮組みと同じようにピンを少し切り飛ばして・・・と思ったのですが、余りにも細かいしパズルのような感じなので途中で挫折しました(笑)。
mechacolle_yamato12.jpg

これなら少しいじるつもりだったら複数買って、一つ目を仮組み気分で素組みしながらあれこれ構想を練って、二つ目を作る時に手を入れて行く、という考え方の方がいいと思います。

この価格でこのサイズ(全長13cm弱)、しかもこのデキの良さだと、変に改造してもショボくなるだけだと思いますが(笑)小サイズのスナップフィットという事での限界が見えるところを手直ししてやると良くなりそうです。

mechacolle_yamato08.jpg

まずとにかく目立つのは、艦首両舷のラインがつながってないところ。上の写真の波動砲口に向かう、上の部分の筋彫りがないことが分かると思います。これはパーツ分割で波動砲口のディテールを優先させたせいですね。確かに昔のメカコレヤマトは波動砲部分が一番の問題でしたし、そこを改造して修正するのはシロウトにはちょっと難しかったのは確か。ここの筋彫りを彫るくらいならワタシでもできそうですし、ちょうどいい改修ポイントかもしれません。

mechacolle_yamato07.jpg

二つ目は、場所的には同じ部分ですが、上から見るとプラの厚みが見えちゃうんですよね。これまた小スケールでは致し方ないところですが、ここも薄くしてあげるとかなり見栄えが良くなりそうです。甲板から上に出っ張っている部分全体を薄くしようとするとかなり大変な修正になってしまうと思うので、(ワタシみたいな)ズボラなシロウトの方は、断面の厚みが目立つ上の方に向かって薄くして行くだけでもいいんじゃないかと思います。

mechacolle_yamato11.jpg

最後に、艦首のほうもそうですが、この艦橋周りは複雑怪奇なパーツ分割も相まって、擦り合わせをしっかりしないと隙間が目立ちます(笑)。これでも一応パーツの切り離しなどはキレイにやったんですけどね・・・・。ちゃんと作ろうと思ったら、やっぱりスナップフィットのダボは全て切り飛ばして、パーツ同士をよく擦り合わせしてから接着した方がキレイに出来ると思います。ただ接着剤がはみ出した時の処理は半端なく面倒だと思いますが(笑)。

mechacolle_yamato09.jpg

まぁ小さくてノンスケールとは言え、デキはいいし安いしという事で、複数買ってチマチマ改造して塗装するといいんじゃないでしょうか。ワタシは写真のコイツにまずはスミイレしてみたいです(笑)。





スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/12(月) 12:59:01|
  2. SFメカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ