gunpla_tomoart

イラストレーター・tomoartがヒマな時間に作るプラモデルを紹介するブログ。

はじめてハセガワのバルキリーを買いまして。

このブログではほとんど触れていないと思いますが、ロボットアニメ好きのtomoartはもちろん「超時空要塞マクロス」もそれなりに見ています。
ただ基本OVAを見ていないワタシは、シリーズとしては見てない作品もとても多いです。
てか、それでなくてもちょっと前にテレビでやってた「マクロスフロンティア」も、途中まででつまらなくなって見るのやめちゃったしなぁ(汗)。

ただ、やっぱりシリーズ最初の作品はしっかり見ていたので、それなりに思い入れをもっています。
テレビシリーズは当時の作品らしく作画はヒドいところも多かったけど、板野一郎(板野サーカスの)氏の描いたオープニングのバルキリーは衝撃的で、同じくらい衝撃的な三角関係のドラマ(笑)と共に忘れられない作品でありました。

当時はガンプラブームの後でもあり、プラモデルもたくさん出ていてそれなりに買っていました。
ただ既に積んどくモデラーでしたけど(笑)。

その後、結局ガンプラに注力する感じになって「マクロス」のプラモにはほとんど興味を失っていたのですが、近年、例のバンダイの完全変形バルキリーが出るってことになってちょっと興味を持ち直しました。

でもそのプラモのデキが評判悪くて(笑)どうせ積んどくだけだしなぁ、と買うのを諦めたんです。
ところがそこからプラモのバルキリーに、何となくモヤモヤし続けまして、最終的に今回、初めてハセガワのバルキリープラモを買うに至った次第。



まぁ、積んどくだけになってしまうかもしれませんが(笑)これでマトモなバトロイドバルキリーのプラモをキープです。



ランナー一覧。
劇場版の(当時としては)スーパーな作画もいいですが、ワタシとしてはどちらかと言うとテレビシリーズの方が印象深いので、VF-1Jバージョンで作りたいところ。
このベーシックなバトロイドプラモは頭部がS/A/Jなど主要な頭部のバージョンが入っていますのでピッタリ。

ちなみにスーパーバルキリーもあんまり好きじゃないので、このノーマルなバルキリーさえあればワタシの「マクロス」プラモは十分満足です。







 
スポンサーサイト
  1. 2015/03/16(月) 01:35:53|
  2. SFメカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0